テーマ:図書館

キハダとか黄檗とかパピルスの話の後日談的な話。

キハダとか黄檗とかパピルスの話の後日談的な話。 で、まじめにレポート用に検討しはじめたら、どうも公式の紙の製造の始祖な蔡倫が、西暦50年くらいの生まれらしく。  ヌマ王が死んだのが紀元前670年ごろらしいからなー。カレンダーが合わない(´・ω・`)ショボーン。  ただねー、クスノキの話はまず間違いないと思うのよねー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄檗、もしくはキハダ、キワダについて

 図書館史の絡みで「図書の文化史」@明大駿河台図書館を見てたら、百万塔陀羅尼が展示してあった。百万塔はレプリカらしいが、ということは陀羅尼は真正か。  なにか塗っていたので防虫に成っていたということで、「なにか」とは「黄檗」らしい。  で、黄檗を調べたら、キハダ。ミカン科の落葉高木。「キハダ色」という色が日本の色見本に存在するらしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「科学技術研究者等の情報利用の実態に関する基礎調査」

 図書館司書の勉強してたら、どこかではこっそりぶつかる、日本の草分け的利用者研究報告書。  国会図書館にもCiNiiにもデータがないなあと思って、国立公文書館のデジタルアーカイブに行ったら、そこにあった。ただしマイクロフィルムで(おいおいおいおい)。 件名 第917回(報告)2、科学技術研究者等の情報利用の実態に関する基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「図書館の自由」ってかくも儚いものなのですな。

「岡崎市立中央図書館事件......これで逮捕もまずいけど、「図書館の自由」はどうなってる?」に関連して。  twitterで聞き込んだニュース。  「議員の依頼資料を極秘報告 国立図書館出向の外務官僚」47news  あーあ。いくら国会附属図書館だからって、これはないだろう外務省。  ようするに、外務省官房総務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原宿の「ビブリオテック」

 The NIKKEI MAGAZINE1月号の「パノラマ消費考現学」に載ってたんですが、原宿のはずれ、千駄ケ谷小学校のあたりに「ビブリオテック」というブックカフェがあるとか。  デザイン事務所のオーナーの資料を公開し、さらに事務所で手がけた出版物を販売し、読んでもらうためについでにカフェをオープンしたらしい。    スーパーエデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「公共図書館の論点整理」

 今読んでるのがこれ。 公共図書館の論点整理 (図書館の現場 7) (図書館の現場 7)勁草書房 田村 俊作 Amazonアソシエイト by  無料貸本屋論、ビジネス支援サービス、図書館サービス課金、司書職制度の限界、公共図書館の委託、開架資料の紛失とBDS、自動貸出機論争、という7章で構成。  借りてきたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公共図書館司書の存在意義は?

 いま読んでる本。 図書館は本をどう選ぶか (図書館の現場 5)勁草書房 安井 一徳 Amazonアソシエイト by  これ読んでて、なぜに選書ツアー(公募した利用者を書店に引率して、「こういうの入れたら?」ってご意見拝聴します、ってやるイベント)で揉めるのかと、そこんところがよくわからなかった。だって、買ってない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電子書籍についての講演会@東洋大 by ポット出版の沢辺社長

 ツイッターのどっかで予告は見てたんだけど、なんとなく忘れてた(どうせ仕事だったし)。  そしたらUSTREAMで動画が出てたので。なかなか面白い話ではある。主催はICPF(情報通信政策フォーラム)  ちなみに、ポット出版で出してる「ず・ぼん」は図書館の現実をわりときっちり見てる方だと思う。公務員な図書館職員は気がつかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許情報40万件が散逸の危機に。

 日経新聞12/14付朝刊最終面「文化往来」によると、大阪府立特許情報センターの閲覧室廃止に伴い、約70年にわたって収集してきた、国内はもちろん、欧米各国の特許公報、明細書、戦前の「満州国」特許公報までなかなか貴重な特許情報が廃棄されるとのこと。  現在、東京都千代田区の皇居北の丸にある、国立公文書館で「公文書に見る発明のチカラ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡崎市立中央図書館、事件に絡んだ9/1付お知らせを削除する。

「「岡崎市立中央図書館事件」意外な展開がさらに意外な展開に」について  昨日かな、twitter見てたらそのネタで盛り上がってました。今朝の朝日新聞の愛知県の地方版に載ったらしいんですが、待ってたらオンラインにも来ました。 岡崎市立図書館がHPの記載削除 2010年12月10日  オンラインの記事によると11/30のM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「岡崎市立中央図書館事件」意外な展開がさらに意外な展開に

「「岡崎市立中央図書館事件」意外な展開になってきた」について  えーと、朝日新聞の愛知県地方版の記事によると、めでたく?契約解除になったそうです>岡崎vsMDIS 図書館システム 業者の契約解除 2010年10月15日 で、スラドにも記事というかスレッドというかたっちゃったようで。 図書館システムのMDIS、岡崎市に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「1800人」のソースが判らなかったけどここか。

「「岡崎市立中央図書館事件」意外な展開になってきた」について    こないだ某巨大掲示板みてたら、Vipper_The_Neet こと、たりき氏がtwitterで「1800人出ちゃった~」と叫んでたというのでなにかと思ってたんだけど、スラドに記事を見つけた。  そーか、えびの市の例の開けっ放しのドアの中にそんなものがつっこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「岡崎市立中央図書館事件」意外な展開になってきた

「「岡崎市立中央図書館事件」その続編。」について えーと、NHK名古屋放送局で流したようですが。 「図書館利用の個人情報 流出」 http://www.nhk.or.jp/lnews/nagoya/3004237462.html 岡崎市立中央図書館の図書館システムに平成17年6月末に登録されていた 163人分の名前や電話…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

岡崎市立図書館の事件は、ついに大学の先生が登壇するパネル討論会にまで発展。

 ........いやぁ、だんだん規模が拡大してきますなあ。  しかしパネリストが 名古屋大学大学院法学研究科准教授。専門は法哲学。 ヤフー知恵袋の企画・設計・運用をやって、現在は図書館システムの高度化等に関する提言を図書館の外の立場から継続的に行っている。 知県インターネットサービスプロバイダ防犯連絡協議会(AISP)理事、愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「岡崎市立中央図書館事件」に関連して、国立国会図書館の資料

「「岡崎市立中央図書館事件(以下略)」について。  国立国会図書館が、国立国会図書館法の改正による今年の4月1日からの施行に伴って、クローラ収集を始めるために日本の関係する図書館にPDFなどでアナウンスをしてたようです。 「サーバ管理者日誌」9/9の記事にある、国立国会図書館法でのクローラ収集についての規定、という文章が気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「岡崎市立中央図書館事件......これで逮捕もまずいけど、「図書館の自由」はどうなってる?」...

「岡崎市立中央図書館事件......これで逮捕もまずいけど、「図書館の自由」はどうなってる?」について  コメント欄で「・・・論点ずれてませんか?」さんから長文のコメントを頂戴しました。  で、他の方からこの方へのコメントもついてるんですが、「お返事書きます」と約束しましたのでお返事なぞ(笑)。  まず、いただいたコメント全文…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「岡崎市立中央図書館事件」その続編。

「岡崎市立中央図書館事件......これで逮捕もまずいけど、「図書館の自由」はどうなってる?」について、続き。  えーと、夜中というか明け方に勢いで書いたので、若干抜けてる部分もあろうかと。  三菱電機インフォメーションシステムズ(以下MDIS)の、件の図書館システムは「MELIL/CS」という商品名で売られています。→三菱…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岡崎市立中央図書館事件......これで逮捕もまずいけど、「図書館の自由」はどうなってる?

 えーと、朝日新聞とかでネタになってるようです。 図書館HP閲覧不能、サイバー攻撃の容疑者逮捕、だが… なぜ逮捕?ネット・専門家が疑問も 図書館アクセス問題 ソフト会社、図書館側に不具合伝えず アクセス障害問題 図書館長「了解求めないアクセスが問題」 HP閲覧不能  まとめサイトがあるので、こちらも…
トラックバック:4
コメント:20

続きを読むread more

杉浦日向子さん逝く

 ヤフーのニュースを見てたら、杉浦日向子さんが亡くなったそうです.......。「お江戸でござる」で認識して、そのうち漫画の方も江戸風俗の本も読んでみようと思ってたのに~・゚・(つД`)・゚・  なんでも、喉頭ガンだったそうで、46歳とは......若過ぎです。時代劇作家はいても、在野の江戸風俗研究家ってなかなかいませんよね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船橋市立西図書館での蔵書破棄事件

 つい昨日に最高裁判所から差し戻し判決が出た、「船橋市立西図書館蔵書破棄事件」。  どういう事件かというと、かの「新しい歴史教科書を作る会」のメンバーが何冊か本を書いていて、その本が船橋西図書館に蔵書として入っていた。ところがなぜか、現役図書館司書職員が「会」のメンバーが書いた書籍と、その関連図書のうち西図書館の蔵書になるものをH13…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more