今年はほぼ家庭菜園終わりかな

 今年は、梅雨の時期はめっちゃ長雨、しかも高温気味。
 梅雨が明けたら35度とか37度とかの猛暑の毎日。処暑までこのザマ。

 ということで、トマトは疫病?とハダニと、植木鉢の土質が悪くて、ほぼ終了。
 というか、4つの鉢で、2つが疫病でやられ、3つめもほぼ疫病、一番西側のがかろうじて生き残ってるけど、これも切り戻ししないと無理かな状況。
 地面の大玉は、桃太郎じゃない品種なんだけど、状況は同じ。そのかわり、徒長の具合がすごい。でも病気。なのでごっそり枝を落として、ほぼ終了。

 かわりに、野良苗が出現。1つは職場の裏の植え込みでガンガン育ってるけど、これは梅雨終わった頃だから。暑さかやっぱり。
 最初に枯れたトマトも、なぜか根本からの脇芽が元気になってる。2つは完全に引っこ抜いた。

 かわりに、キュウリの脇にまた野良苗が出現。これが今後どう育つかが見物。

 キュウリも、今朝ほぼ抜いた。
 3本ともハダニがメインだね。2Fのベランダの葉裏までダニだった。
 おかげで、一緒に育てた隠元もダニ。
 アブラムシじゃない。でもアリも物凄い勢いで上まで登っている。
 やっぱり夏の少雨が影響してるかな。薬じゃむりだったし。節足動物はアブラムシとはちがうってことか。

 まあ、紫蘇がほぼやられてないから、アブラムシじゃないんだろうなあ。
 ダニは紫蘇にはつかないのか、微妙だけど。

 それでも、トマトは百近くはとれたかな。
 キュウリは、最後はピクルスに大量加工。あとは、トマトスープにして非常食に冷凍保存。

ワインビネガーを作ってみる。

大量にワインがあるので、即席型ワインビネガー製造法を試してみる。
ネタ元はこちら。
ワインビネガーはこんなに便利! 特徴と活用方法を知ろう https://tanoshiiosake.jp/6433

ワイン4:醸造酢1 が基本らしい。冷暗所保存。
というので、空いてるペットボトルに入れて床下収納庫へ。
2,3ヶ月待てと。猛暑越せるかがやや心配だけど、まあ実験なので。