【備忘録】新聞記事から見た、給料の話

その1.
2018年5月13日 日経新聞1面:米報酬、企業間の差 鮮明 「CEOは社員の何倍か」初開示

 経営トップの報酬(ペイ)が自社の平均的従業員の何倍かの比率(比率)を表す。米調査会社エクイラーによると、1960社が公開していて、中央値は65倍。
 1ドル=109円換算。米正絹取引委員会への開示書類と、有価証券報告書がソース。




















企業CEO報酬中央値ペイレシオ
マクドナルド23億7千万円ポーランド76万円3101倍
JPモルガンチェース848万円364倍
AT&T854万円366倍
ファイザー972万円313倍
 G M 811万円295倍
 G E811万円157倍
アマゾン倉庫従業員310万円59倍
フェイスブック9億6千万円2620万円37倍
ソニー 平井前社長910万円100倍
ソニー リントン元執行役910万円125倍
武田製薬1015万円14倍
トヨタ自動車 豊田社長852万円38倍
トヨタ自動車 ルロワ副社長852万円80倍
ファストリ791万円30倍
日立製作所1164万円25倍
 ソフトバンクG孫会長811万円12倍
 ソフトバンクGアローラ元副社長811万円889倍
 三菱UFJG1065万円14倍
 楽 天 310万円59倍


 人手を多く必要とするサービス業は、ペイレシオは高くなりがち。計算の分母=従業員代表の給与算出には、パートや海外従業員も含めた中央値を使う。米国データは、米国より低賃金国の従業員が多ければ分母は小さくなり、そのぶん倍率が上がる。

※給料格差が大きいのがアメリカ、小さいのが日本と言われてきたが、トヨタの季節工とか期間工の給料がどの程度なのかで、けっこう変わる気がする。

※グローバル、という面で言えば、上下差が無い方が、反グローバリズムの大波が出なそうな気もするが、微妙。

※米企業だけではなく、欧州企業も比較すると面白いかも?

※日本人社長より外国人役員のほうが高額、というのは、その金額でないと一本釣りできないそうだけど、ほんとにその価値があるかどうかって、どうやって評価するんでしょうね?

その2.
日経新聞H30/6/19 経済教室:非正規待遇格差で最高裁判決、「同一賃金」への動き 後押し 

水町勇一郎 東大教授の寄稿。ハマキョウレックスと長沢運輸の2案件についての、最高裁判決。
 論文そのものについてではなく、非正規と正規の待遇格差というものについて、雑感。

 非正規と正規、というのは、大昔はバイトと正社員という単純な関係だったけど、いまだとなんだろう? 定年まで勤められるか、数年ごとの契約更新か? フルタイムだろうがパートタイムだろうが、ある程度の年収だと社保も払うし。管理職になるか平社員のままか? でもうちの職場は管理職でも非正規だしねえ。
 やっぱり契約が複数回になるか一発で定年までか、って差かしらねえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック