とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS オンライン小説サイトあれこれ。

<<   作成日時 : 2016/07/30 09:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ここんところ、「小説家になろう」でオンライン小説を読んでたり。

まぁ一般的には「なろう」に行くか、そこでの小説を読む専門の「小説を読もう!」に行くかはよくわかりませんが(笑)。

紙の本は商売柄扱いますが、電子書籍も抵抗は無し、パソコンで文字を読むのに慣れてりゃ、オンライン連載雑誌と同じ思考の、オンライン文学投稿サイトも、困りません。

 ……サイトによって、読みやすい作りとか読みにくい作りとかありますけどもね。

 ちょっとまえに日経新聞日曜版の「活字の海から」だったか、そこに出てた記事によると、大手出版社も「なろう」とか「アルファポリス」の隆盛を見て、オンライン投稿サイトを立ち上げているそうです。さて、柳の下の泥鰌は何匹いるか。

 いちおう、ブックマークしてるのは、角川とはてなの共同運営の「カクヨム」かな。「なろう」の良く読んでる作家さんの引っ越し先なんで。

「なろう」はケータイ小説がブレイクした流れでさらにブレイクした感じですが、ケータイがガラケーからスマフォになってもまだ画面デザインがガラケー対応なので読者常連さんも居着いているようです。
「なろう」運営がオンラインから出版化された小説の取扱規定を6月に変更して、作家さんたちが移動し始めたら、ガラケーの人たちの嘆き節がすごいですからね。

ガラケーでのケータイ小説が最近どうなってるかは知りませんが、少なくとも、横書き小説を文庫にするのだけは、読みにくいから止めてね、とは思いますが、あの形態も最近はなくなったようです。やれやれ。

ということで、大手出版社系のサイトはまだ足を踏み入れてませんが、雑誌が売れないからオンライン、というのもわからなくもないです。
だってねー、図書館でも小説雑誌はあまり動かないからねー。
「コバルト」も「オール読物」も「小説新潮」も「文学界」も。

直木賞と芥川賞がらみで、掲載号が動く時もありますけどもね。

問題は、「なろう」みたいに運営もほぼ同人趣味みたいなところと違って、完全に金が絡んでる出版社系とで、運営の辛抱がどこまで続くか。基本、無料ですからね。

まぁ、がんば。

以上、定点観測報告でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
祝!!「シャルパンティエの雑貨屋さん」
「オンライン小説サイトあれこれ。」がらみ。 ...続きを見る
とはずがたりblog
2016/07/30 10:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オンライン小説サイトあれこれ。 とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる