とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 渋谷に刑務所があったお話

<<   作成日時 : 2014/02/27 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

えー、先日、渋谷区役所にちょいと用事がありまして、たまたま別件で代々木八幡方面にも用事があったので、小田急線代々木八幡駅からえっちらおっちら、区役所まで歩きました。

 渋谷の区役所って、渋谷駅側から行くと、NHKの手前の坂道の途中なんですが、代々木八幡側から行くと、NHKの向かい側に合同庁舎として建ってるんですね。法務局と区役所と税務署だったかな。



 それで、NHK側から横断歩道を渡ろうとしたらなにやら観音像が。

画像


 実は、合同庁舎って元は陸軍刑務所の跡地で、そこで二・二六事件での反乱将校とかが収監されて刑死したんですね。で、祟るのを恐れたんですかねえ。殉職した警護の警官とかと一緒に慰霊したそうです。というのが、観音像の後ろにあった石碑に書いてありました。そういえば、NHKのあたりってたしか旧帝国陸軍の練兵場だったんだよね。戦後はGHQのキャンプだったようだけど。


画像


 昭和の時代でも、こういう時って祟らないようにするんだなあ。そして靖国でも祟られると困ると思って、賊軍とか言われてる側も祀ったんですかねえ。西郷さんとか。こういう文化を誰かちゃんとアメリカ大使館に伝えないと、靖国参拝が揉める原因になってんじゃないかなあとか思ってしまいました。なにせ、日本は菅原道真だって平将門だって祟り神になって、苦労してそれを鎮魂して守護神にしちゃうわけですから。

怨霊になった天皇 (小学館文庫)
小学館
2011-12-06
竹田 恒泰

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 怨霊になった天皇 (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渋谷に刑務所があったお話 とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる