とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 北杜夫、享年84。

<<   作成日時 : 2011/10/26 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ということで、twitterのTLで流れてました。今朝の4時頃から新聞の電子版で流れていたようで。

 で、芥川賞を「夜と霧の隅で」で取ったらしいけど、たぶん元ネタはヴィクトール・フランクルの「夜と霧」なんでしょうなあ。
 そういえば、その元ネタなフランクル教授の講演を聞いた事があります。ありゃアレルギー学会の特別講演だったか。それとも心理系の学会だったか。講演そのものは非常に面白かった覚えがあります。通訳はガチガチだったけど、それでも面白かったんだから、たぶんユーモアたっぷりの御仁だったんじゃないかと。精神医学の人だし、収容所で生き抜くということは、肉体もさることながら精神もタフでないと難しかったでしょうし。
 思わず「夜と霧」を読むかとも思ったけど、収容所体験記と聞いてけっきょく読みませんでしたな。

 そうそう、そのタイトルの「夜と霧」って収容所の風景かと思ったら、ヒトラーの出した「総統命令」の名前なんですなあ。出典はワーグナーの「ラインの黄金」だとか。ちょびヒゲおじさん、ロマンチスト過ぎだろと突っ込みたくなりますな。中身は「ナチスドイツ軍の占領地での反抗分子は家族もろとも拉致って消してしまえ」という全然ロマンスの欠片も無いものですけど。

 んで、北杜夫のほうは、躁鬱で有名でしたからね。どくとるマンボウシリーズもそれほど読まず、「さびしい王様」をちらっと読んだ位かなあ。
 娘の斎藤由香の書いた、茂吉夫人たる斎藤輝子の伝記は面白かったですが。


夜と霧の隅で (新潮文庫)
新潮社
北 杜夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜と霧の隅で (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



夜と霧 新版
みすず書房
ヴィクトール・E・フランクル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜と霧 新版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



猛女とよばれた淑女―祖母・齋藤輝子の生き方 (新潮文庫)
新潮社
斎藤 由香

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 猛女とよばれた淑女―祖母・齋藤輝子の生き方 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



回想の父茂吉 母輝子 (中公文庫)
中央公論社
斎藤 茂太

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 回想の父茂吉 母輝子 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北杜夫、享年84。 とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる