とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「極東ブログ」読んでておもったんだけどね>福島原発のこと。東電は原発運用の「資格がない」。

<<   作成日時 : 2011/07/15 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 そもそも昨日一昨日に詐欺師と呼ばれつつある現職総理の会見は馬鹿馬鹿しくて見る気もしなかったんだけど、行きつけの「極東ブログ」の「福島原発が世界に残すかもしれないひどい遺産」を読んでてハタと気がついたことがあるので、書いておく。


 あの炉の暴走(と言ってもいいだろう)からこっち、時々思っていたんだけど、おそらく原子力技術そのものに罪はなく、運用していた東電があまりにも杜撰だったというしかない。アメリカだってフランスだっていちおうチェルノブイリと三哩島の事故以来、原発をちゃんとメルトダウンさせずに運用している。ドイツとイタリアとスイスは撤退した。その差は何だと考えると、核弾頭やら原潜やらを実際に保有していない国が撤退に走ったという事。

 実際、ウィキペディア見てて気がついたんだけど、原潜てアメリカとロシアと中国も持っている。イギリスとインドも持っている。原発こそイギリスは現在稼働中のものはないようだが新規に作る気満々という情報もネットに出ている。むろん核弾頭はイギリスは自国製である。
 インドの方はというと、核実験はやってるし核弾頭配備済みという話もある。原発はむろん欲しがっている。原潜というのは周知の通り、乱暴な表現をするなら原発の炉を小型にして潜水艦に仕込んだものだから、原潜を運用するというのは原子炉運用なのである。

 そうやってみた時、日本は「原子力の平和利用」なんぞというキャッチフレーズに浮かれて、ちゃんと「原子力船むつ」の運用もできなかった。そして東電はこのざま。国民的に核アレルギーがあるならきちんと管理すればいいのにやらないのである。

 しかも漏れた後にアレルギー体質を逆なでするような有り様なんだよね、電気事業連合会も行政も与党も野党も。

 そういう意味で、日本は「脱原発」というよりは「原発を運用する資格がない」というのが正しいんじゃないかなあ。

 なにせ、吹っ飛んで4ヶ月で瓦礫を片づけるのも、高濃度放射能汚染水の処理システムの運用もまともにできない東京電力とか、発電稼業でも原発をやる資格はないね。ロクに修理もできない原子力学科出身者とか、どんだけメカ音痴なんだろう。

 ボイラーてのは、ボイラー技士とボイラー整備士とボイラー溶接士、ボイラー・タービン主任技術者と資格者・技術者が揃ってなくちゃならんのですよ。原子炉もボイラーだからそのトップクラスが集まってる筈なのに、でも今は町でそこらへんの人を雇って現場に入れてるわけでしょう。
 言ってみれば、直せもしない有り様で「プロ」という顔をして世間を渡り歩いてたもんじゃない? それならこの際だから、原子炉を設計して修理もできるはずの東芝とか日立とか三菱重工がちゃんと運転して発電してくれるほうがなんぼかましなんじゃないだろうか。

 そして、その東電の実態を知ってか知らずか知らんけど、東電のいうことをそのまま認めて盲判押してたわけでしょう、保安院とかその上層部とか全部。

 となれば、国全体として、原発運用する資格はないと思うのが普通じゃないだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「極東ブログ」読んでておもったんだけどね>福島原発のこと。東電は原発運用の「資格がない」。 とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる