とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS いつのまに「外食より内食が贅沢」というロジックが日本に出てきたの?

<<   作成日時 : 2011/02/06 16:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 twitter見てたら、Newsweek.jpのブログ記事を紹介されました。

「プリンストン発 新潮流アメリカ:食料品の軽減税率が支持されない理由と、その原因とは?」

 なにがって、
 一方で日本に目を転じてみると、少しずつ動き出した消費税論議の中で、食料品について大幅な課税アップになることには抵抗が多いかというと、この点に関してはそうでもなくて、実際には食料品の軽減税率については消極的な意見が多いようです。というのは、「現代の日本では家族があってスーパーで肉や野菜を買ってきて自分たちで調理して食べる」ようなライフスタイルは基本的に贅沢であって、「僅かな移動時間にコンビニの調理パンをかじる」とか「値下げが嬉しくて牛丼ばかり食べている」方が庶民的なのだから、外食や調理済み食品には課税して、食材には課税しないというのは「不公平」、そんな議論がかなり一般的になっているように思われます。


 ......寡聞にして知りませんでした。いったいどこでそんな「日本では『外食より内食が贅沢』というロジック」なんて話が出てきてるんでしょう。もしかして朝日新聞の中でだけ?

 今どきは、弁当も自分でつくる男性も増えてきて、逆に自炊なんてやってらんないわー、という女性も増えてるようですけれど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もっともそれは都市部だけの現象でしょうけどね。
確かに東京に行けば食べるところは無尽蔵にあるし、しかも何処も安くてさまざまなものを食べられるから
一つ一つ食材買い集めて自炊をするというのは
特に一人暮らしとか、核家族でも割に合わないことになってきてるのかもしれないですね。
TPP参加すればもちろん牛丼も更に安くなるわけでしょ?ますます外食に流れていきそうですね!
だんだん中国とか東南アジア化されていくのでしょう。
キタトマ
2011/02/10 10:41
どもども。
TPPがほんとに輸入にとっていいのか悪いのか、じつはよくわからんのですよ。あれ、食品に限った話じゃなりませんからね。
ちなみに、冷凍冷蔵庫があれば外食より自炊のほうがコストは安い筈だと思ってるんです。そりゃ牛丼は松屋もすき家も270円とかで勝負してますが、栄養的にどうかと思うし、そもそも「円高だから」いまんところ利しているだけで。
 メーカーが工場を海外に持っていって日本人を国内で雇用しなくなったら、国民の収入がありませんからね。円も弱くなると見てます。

 中国化とか東南アジア化というよりは、単純に貧困化への道のような......
まるふう
2011/02/10 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつのまに「外食より内食が贅沢」というロジックが日本に出てきたの? とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる