とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 国産のウサギ肉とか輸入の七面鳥とか

<<   作成日時 : 2010/12/04 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 えーと久しぶりに都心に出掛けたような気がするんですが.......。

 で、行きつけの、麻布十番一ノ橋交差点近所の「日進」に行ったら、シーズンですから七面鳥とか鳩とかウサギとかもあるんですが、鳩はまぁフランスからの輸入品。フランスから輸入されたひな鳥(たぶん鶏の若いのだろうけど)なんてのもありました。
 で、そこのなかで「国産 うさぎ」と書かれたものが。

 そーだよね。ウサギなんて国内で養殖すりゃいいんだよね。
 ついでにいうなら、北欧では熊とかトナカイとか鹿とかの肉も缶詰めで売ってるから、日本も害獣駆除で射殺した鹿とか熊の肉も、ちゃんと処理して「ビジエ」扱いで専門店に卸した方がいいと思うんですよね。

 いや、富士五湖の某村にある「道の駅」でめちゃくちゃ高額設定されてる鹿肉なんて、場所と値段でだれも買わないと思うんですがね。それとも猟友会のメンバーで肉を分けあってからの残りなんでしょうかね。

 そして七面鳥。わりといつでも日進にありますけど、感謝祭のころからなんか値下がりしてるような気がするんですよね。100g87円とかだし。ただし丸ごと冷凍物だから、けっきょく小さいものでも3千円とか平気でするんだけどさ。2日くらいかけて解凍して8時間くらいオーブンに入れて焼いて、それで食べきれないから冷凍保存とかするらしいけど。

 そのあと、有栖川公園とこの「ナショナル」も行きましたが、「日進」との違いは、こっちだとパネトーネ類がちゃんとおいてあった事。日進はクリスマスプディングとシュトーレンがメインみたいで。あと、ナショナルはトルコの缶詰めとか瓶詰めが相変わらず置いてあって、「ブドウの葉のドルマ」とか茄子やズッキーニのペーストもあったけど、「バグラヴァ」、つまりトルコ式クルミ入りミルフィーユもありました。ただし高い。1箱1400円もする。こないだ図書館から「家庭で作れるトルコ料理」を借りてみたら、この「バルラヴァ」の作り方載ってました。全体としては日本人の嗜好にあうと思うんだけどね。
 まぁそもそもなぜにトルコかというと、ぐるなびからの定期メールでトルコレストランが出ててメニュー見たせいもありますけど。



家庭で作れるトルコ料理
河出書房新社
荻野 恭子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 家庭で作れるトルコ料理 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ピシュマニエ "PISHMANIYE" 綿菓子のようなトルコのスイーツ
Hazer Baba社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピシュマニエ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国産のウサギ肉とか輸入の七面鳥とか とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる