とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄の話。

<<   作成日時 : 2010/09/13 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 書きかけのブログ記事が2本、ほかに仕事にからんだ勉強が山積してるんだけど、逃避モード(マテ

 日経ビジネスオンラインのメーリングを登録してるので、面白い記事があれば読む。で、クリッピングしたのがこれ。

いしかわじゅんのワンマン珈琲 1.小説家としての取材で出くわした、那覇のちょっとした惨劇 「きみは、俺に興味ないんだよな?」

 これ読んで、ソッコーで「ファイヤーキング・カフェ」に図書館で予約入れました。読んでから買うかどうかは決めます(笑)。


ファイアーキング・カフェ
光文社
いしかわ じゅん

ユーザレビュー:
なんで金壷食堂じゃな ...
さすらう人々がいしか ...
泣いてしまったここに ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ファイアーキング・カフェ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 ちなみに、「沖縄」となると「池上永一」と来ます。石垣島出身。沖縄舞台の「バガージマヌパナス わが島のはなし」はあれはウチナーでないと書けませんわな。「シャングリ・ラ」もなかなかでしたが。そういう意味で新作の「トロイメライ」もやや期待中。本屋でちょっと覗いただけだけど。

 でも、「バガージマヌパナス」とたぶん双璧と思ってるのが、こないだポプラ社から出たエッセイの「王様は島にひとり」。

王様は島にひとり
ポプラ社
池上永一

ユーザレビュー:
かなりぶっ飛んだ内容 ...
犬とのからみが面白い ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 王様は島にひとり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



  いや、沖縄というか石垣島人と本土人とのギャップがあっちがわとこっちがわと両方で見えておもしろそうだわ。エッセイの方が本音見えてさらに面白いんですけど。
 こっちは、買うなら電子書籍のほうが大笑いするのに良さそうなんですけどね。でもポプラだしなあ。文庫に落ちるのも考えにくいので、これで買うか。

 あと、さっき読み終わったのが塩野七生の「日本人へ 国家と歴史篇」。なぜか対になるはずの「リーダー篇」が図書館に入ってないのでリクエストかけました。「文藝春秋」のコラムのまとめ。あのコラムはなかなか面白かったと拾い読みしてたので、たぶんこれもシリーズ探して買うでしょう。この人の感性は波長が合います。


日本人へ リーダー篇 (文春新書)
文藝春秋
塩野 七生

ユーザレビュー:
本にする理由は?塩野 ...
「カッサンドラ」の予 ...
少し古いですが内容は ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人へ リーダー篇 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日本人へ 国家と歴史篇 (文春新書)
文藝春秋
塩野 七生

ユーザレビュー:
2006年から201 ...
女には冷たい塩野七生 ...
日本を内と外から見た ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人へ 国家と歴史篇 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 ちなみに、カバーは白くて、写真は帯みたいですね。もったいない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄の話。 とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる