とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS そういえば「洗濯物を煮る」って昔の小説によく出てたなあ

<<   作成日時 : 2009/08/21 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こないだ、ひょいと借りて来たのが「タニアのドイツ式部屋づくり」。

タニアのドイツ式部屋づくり―小さな空間ですっきり暮らす整理・収納のコツ
ソフトバンククリエイティブ
門倉 多仁亜

ユーザレビュー:
考えが変わりました! ...
総仕上げ的 整理、収 ...
気持ちの良い住まい作 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



 役に立ちそうなこと、立たなそうなこと、いろいろ書いてありましたが、面白かったのが門倉さんのお母さんの話。つまりドイツの生活風習ですな。
 「鍋で洗濯物を煮る」というくだりですが、そういえば子どもの頃に読んだ「愛の家族」だったかな、あれにも洗濯物を煮るとかいう話が載ってました。子供の頃は「のり付けするのに煮るのかなあ」とか思ってたんですが、真面目に衣類とかの煮沸消毒だったのか.......(苦笑)。
 お湯で洗うというのはたしかに今でもありますが、それは洗剤の酵素の効力アップのためとか思ってましたからねえ。
 麻が寒い地方で採れる=欧州では布地として普及した、というのも「(´・∀・`)ヘー」ってなもんです。マニラ麻はどーなんだ、とまる母から突っ込まれてますが、たぶん種類がなんか違うんだよおかーさん。
 ドイツのハタキというのも、写真見ると使い方を考え込みますね。どう見ても洋服ブラシにしか見えません。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン 実演動画をどっかで探さないと。しかも壁に鏡をはめ込んでミラーリングによる光量アップとか考える文化の中で、鏡の前に大きな壷とか置いてある状態で、どうやって鏡にハタキかけるんだろうかと、悩みはつきませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そういえば「洗濯物を煮る」って昔の小説によく出てたなあ とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる