とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカンチェリーのパウンドケーキ焼いてみた

<<   作成日時 : 2009/06/06 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

リンゴのケーキ作ってみた」の後日談。

画像



 アメリカンチェリーの季節なので、狙っていたこのケーキを焼いてみました。
 本によるとアメリカンチェリーは半分に切って種を外して、型に流したタネに落として焼けばいい具合らしい......ということで、季節を待ってました。
 本より薄力粉の分量減らしましたが、なかなかいい具合でした。ちょっとチェリーが酸っぱいけどね(: p)
 ちなみに下の本、「なかみ検索」出来るんですが、「さくらんぼのケーキ」のレシピも完成写真付きで載ってますのでクリックどうぞ〜( ̄ー ̄)ニヤリ

 ちなみに粉が型に比してたっぷりだったので、チェリーは1本、もう1本にリンゴを賽の目に切ってレンチンしたのと、干し柿の賽の目にしたのを入れてみました。こっちもわりとおいしかったですね。
 前にも書いたけど、干し柿ってマンゴーピールとかの代わりになるし、この際だから欧米にでもドライフルーツとして「完全日本製」で売り込んだらどうですかねえ。柿のお菓子も意外と欧米人には受けるかもしれません。他の地域の食文化はあまり知らないのでどうだかわかりませんけど。

 やるからには、あくまでも「日本の土地の日本の柿で取れたものを日本で加工したもの」で売るのが必須。安いからとか考えて中国でつくったりしちゃいけません。「完全日本製」というブランド構築になりませんから。


コーヒータイムのお菓子―みんなに愛されてきたクーヘンとトルテ
文化出版局
門倉 多仁亜

ユーザレビュー:
レシピ本というよりラ ...
楽しい楽しいお菓子作 ...
うれしい出会いでした ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ついでに生ブルーベリーに応用してみた
 実はこのごろ毎週1回、まる母の裁縫のお弟子さんが宇都宮から来ます。だもんで宇都宮のお菓子なんてネタが出るわけですが、彼女が地元産の生のブルーベリーを買ってきてくれました。  .......たぶん300gくらい入って500円てのは、高いんだか安いんだかよくわからないんですが。近所のスーパーでいくらだったっけ.....。 ...続きを見る
とはずがたりblog
2009/06/30 22:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカンチェリーのパウンドケーキ焼いてみた とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる