とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS それでもって、長芋でスポンジケーキを焼いてみたわけですが。

<<   作成日時 : 2009/05/28 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長芋でスポンジケーキを焼くというのは、ちょっと意外だった」について

 クックパッドのCpicon 卵バターなしの長いものスポンジケーキ by 恐竜ママを参考に焼いてみました。


画像

 実は、レシピ通りに作ってみたら、ガチガチにタネが堅かったんですね。のびるどころじゃない。長芋の水分が抜けていたのか、蜂蜜が水分抜けていたのか不明ですが。
 それでややしばし考えて、卵1つを別に攪拌して膨らませてから投入。それでもかなり堅い。もう1つ卵入れることは考えたんですが、まぁ試しだからとそこでストップして、スポンジ型に入れて焼いてみました。
 それが↑の写真で、黄色いのはそのためです。しかもタネの堅さが災いして平らにならずに膨らみが山型。
 まぁ焼け具合から判断して予定時間より早くに出したせいもあるのか、膨らみに差があるわけです。しかもベーキングパウダー臭い(爆)。軽羹というよりは蒸しパン風情でした。かなりもろもろに崩れます。
 とは言っても、竹串で刺した段階では生の風情は無かったんですよねえ。

 味見も兼ねて生クリームと黄桃缶詰で適当に仕立てて1/4を食べました。どうしようか思案して、ためしに薄切りしてオーブントースターで焼いてみることにしたんですが、それで食べたらサクサクするわ膨らみが進化するわでこれは意外な物語。
 ......やっぱり焼成たりなかったんですかねえ。


 
画像


 ちなみに最初に食べながら見てたのが、某公共放送の料理番組の野菜ロールケーキの話。
 ロールケーキのスポンジ生地が、卵液の湯煎ホイップ段階であそこまで堅く仕上げないといけないとは初見でした。百聞は一見にしかず。
 そりゃあ膨らまないわけだわ。
 というか、あれを目標値とするなら、長いもスポンジのタネは完全に水分不足でした。考えてみたら蒸しパンはあれよりずっとタネが柔らかいはずなんだから......(ぶつぶつ)
 軽羹て基準のレシピは長芋と上新粉とか小麦粉は同量なんですが、水は入れるんですね。
それから予測すると、粘性考えても卵はもっと入れなくちゃ駄目のようです。
 卵入れないにしても水分としてなにかは入れなくちゃなりません。卵無しで気分の為に色をつけるとしたらサフランかパプリカかウコンでしょうけども。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それでもって、長芋でスポンジケーキを焼いてみたわけですが。 とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる