とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「天顕祭」と「天使の歩廊」

<<   作成日時 : 2009/02/14 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「書を読んで羊を失う」鶴ヶ谷真一」に絡んで。

 どうせ本の話なので1つの記事に(°_☆ )\バキ!


天使の歩廊―ある建築家をめぐる物語
新潮社
中村 弦

ユーザレビュー:
気が付けば、すっかり ...
とても新人とは思えな ...
『第20回 日本ファ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



 まず「天使の歩廊」。
 えーと著者周辺から「これ読んで感想を」と頼まれたにも関わらず、のろのろと読んで進まず、やっと読み終わり........さらにレビューするのもズルズルという......(泣)。

 日本ファンタジーノベルの去年の大賞です。
 なにに注力して読むかでお楽しみが変わります。ええ、建築スキーなアタクシとしては、あっちの鹿鳴館、こっちの迷宮屋敷と出てくるたびにあちこち寄り道してくもんですから。
 軽いホラー要素あり、天賦の才を持つ故に苦悩する主人公あり、となかなか凝ってます。
 いや、まぢに「天賦の才」なんじゃないでしょうか。タイトルの「天使」と密接に繋がっている才能ですし。
 読んでて、恒川光太郎の「夜市」とか「草祭」を思い出したので、やっぱりホラー要素ありでしょうなあ。
 鶴ヶ谷真一だったか、デビュー作より二作目のほうが作家に取って難題である、ということなので、二作目に期待中です。


草祭
新潮社
恒川 光太郎
ユーザレビュー:
記憶に在る奇跡美奥と ...
懐かしい景色美奥とい ...
情緒が消えた、ただの ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



夜市 (角川ホラー文庫)
角川グループパブリッシング
恒川 光太郎
ユーザレビュー:
心地いい幻想小説ゆっ ...
本が好きでよかった。 ...
引き込まれる世界観夏 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



 で、「天顕祭」。
 こっちは近所の本屋で見つけて、しばら〜く買おうか買うまいか考えたあげくに買いました。
 八岐大蛇伝説が元ネタとなると、やはり神話学やった人間としては手を出さずには居られない(苦笑)。
 同人でオリジナルを出していたそうで、やはりパワーは違います。

 ちなみに作者の白井弓子公式サイトは「弓工房」 http://www.ne.jp/asahi/yumi/koubou/

天顕祭 (New COMICS)
サンクチュアリパプリッシング
白井弓子

ユーザレビュー:
祭は何を祀る?実は本 ...
最近のマンガの忘れて ...
同人誌としてなら帯の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


 白井さん見てたら、日暮央さんて同人オリジナル漫画家さんを思い出したり。この人はたまたま数年前にお台場のコミケのオリジナルの日に発行誌買ったんですが、作風が突き抜けてるところが白井さんと似てるかなあと。
 公式サイトは「239263054503」 http://www.nakaba-attic.jp/

 そういえば、ネットの(ウェブの?)技術が発達して、いまじゃオンラインコミックの発表の場というのは自分のサイトで自由に出来るようになったんですね。凄い時代になったなあ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「天顕祭」と「天使の歩廊」 とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる