とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS お台場でイベント巡り

<<   作成日時 : 2008/07/11 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 お台場でブックフェアとか文具とかオフィス機器とか雑貨のフェアを一度にやっているので、一度に見物して来ました。

第3回デザイン雑貨Expo
第3回国際雑貨Expo
第19回国際文具・紙製品展
第15回東京国際ブックフェア

画像 画像


 ブックフェアは西棟で、残りはひとまとめに東棟で。
 文具とオフィス機器と雑貨の展示会で見てて「いいな」と思ったのは、竹から作った紙。茶封筒がメイン。メーカー曰く真竹が適材ということで、真竹が沢山ある中国で作って持って来ているんだそうです。コピー用紙としてはまだ日本で作るリサイクル古紙100%よりコスト高とのこと。
 まぁ「竹パルプ」でGoogleでひくといろんなところで引っかかりますが、竹ってイネ科植物だし、けっこう品種改良すると強力な素材と化しそうな「草」らしいです。なにせ天然のクローン植物で、根っこを延ばして竹林レベルまででかくなるそうですから。

 もうひとつ、面白いと思ったのは「象の糞からの紙」。啓蒙に解説絵本を出して、去年装丁で評判だったそうです。
画像 画像


ぼくのウンチはなんになる? (ぞうさんペーパー ブックシリーズ)
ミチコーポレーション
ツシッタ・ラナシンハ

ユーザレビュー:
World Chal ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



 あと、近頃流行りの「穀物由来工業製品」で工業用デントコーン(つまり飼料にもならない位古い)でプラスチックシート作っているところがありましたが、なかなかいろいろ大変みたいですねぇ。澱粉成分であればプラスチックになるようなんですが、逆に言うと昔に戻ってプラスチックから竹製品とか木製品になっても良さそうなものがあるような気がします。

 木製品と言えば、フィンランド産業界がけっこうブース出しててPRしてました。いま北欧デザインがブレイク中らしいんですけど、精神的に疲れてる日本人にはもしかして「癒し」なんですかねぇ。
 女性見物客が人だかりしてたのがEivor Cygnelというブランド。個人的には木製マグで指穴が2つ、というのがユニークでしたが、キーホルダーとか台所雑貨とかもいいのが揃ってましたね。どうも個人でサイトから買うのもオッケーみたいなこと言ってましたが、オンラインショップは無いような(苦笑)。
 あと目立ったのが「オプリッカ Oprikka」でしたが........夏じゃなく冬向きでしたね。

 対して日本。
 竹製品で気勢を吐いてたのが「公長斎小菅」。「うちは日本製です!」で住所見たら京都なんですね。東京だと新宿の小田急にお店だしてるそうです。

 意外だったのが、グリーンハウスとかがオフィス機器じゃなく「文具」のブースにいたことですね。「デザインステーショナリー」というジャンルのようでしたが。そこで「おー!」と思ったのが「Hacoa」のブース。もしかしたらHacoaのブランドとmonoDOのブランドの合体ブースかもしれません。monoDOは丸紅インフォテックの事業っぽいので。
 ここのものはなかなか面白かったんですが、その中でも「夏休みの工作キット?(笑)」とか思ったのが、パソコンの手作りキーボードキット
 これから出そうなのが、動物型の木型に埋め込まれたUSBフラッシュメモリ。フィンランドの木製品と傾向が同じです。サミットとか地球温暖化とかエコとかいうのがトレンドキーワードなのか、そういう切り口があちこちにみられましたね。

ノベルティグッズのコーナーでもUSBフラッシュメモリが出てましたね。どうやら「デザインファクトリー」。こちらもガワのデザインでアピールしています。MP3プレイヤーまでありましたが生憎Mac対応は未チェック。でもノベルティグッズ屋さんだから個人への直販ばら売りは無しですかねえ.......。

 そうそう、名刺を忘れてました。
 ヒサゴのブースにあったんですが、メディアナビという会社で「Style名刺mini」という商品だしてました。その中でもオンラインでの発注の「navi'n Style」というのがパソコンの銘板パーツと同じようなプラスチック素材らしいんですが、なかなか可愛い。これはMacでもWindowsでも発注可能とのこと。


 さて、ブックフェア。
 こっちはまぁ........数年行かなかったんで久しぶりだったんですが、出版社よりハードウェアとか技術のほうに傾いてるような気がしました。まぁ出版界は不況と言われてますからねえ。点数出し過ぎと不況がリンクしてぐるぐる回っている感じで、なんか経済の需給関係の法則思い出したりもするんですが。

 で、ブックフェアというといつも行くのがデジタルパブリッシングの関係ですが、アイドックではようやっとMacにKeyringPDFを対応させる気になったようです。KeringFlashでMac対応になったので、それで自信ついたとブースの男性言ってましたね。IntelMacになったことも理由の一つらしいですが。ちなみにまだ仮想マシンの上で動くWindowsでKeyringPDFがちゃんと動いてるかどうか、のテストはしたことないそうです。

 ボイジャーは「iPhone対応をどうするかは、あと2、3日待っててください( ̄ー ̄)ニヤリ」だそうですので、なんかあるんでしょう。ブックフェア終わって週明けにでもなんかあるのかと期待半分で待ってます。
 ちなみにそこで確認した話なんですが、楽天ダウンロードに神坂一の「日帰りクエスト」が全巻ドットブック形式であります。楽天ダウンロード自体はWindows+IEでないとはねられるシステムなんですが、そこで落としたドットブックは理論上はMacでも読めるはずだそうです。

 あとシャープのブースに行ったらですね、XMDFのブース出してたんですが、そこで見たのが富士通の「FLEPia」なんです。ソニーと松下が電子書籍のハードウェアから撤退したときに入れ替わりで登場するとは思ってませんでしたね。いちおう去年の4月にプレスリリースが出ているブツではありますけど。
 いやぁ、それならシャープで「ブンコビューア」をMac対応させほうが商売的に美味しいと思いますけどもね。


画像 画像


 というわけで、午前中から終了の6時までがんばってました。まぁ今回は、もしかしたら、とお金持っていったんですが、買いたいような本には巡り合わなかったですねえ。雑貨には無いことも無かったですが買える訳もなし(苦笑)。
 夕方のお台場は涼しかったです。ゆりかもめで帰るか水上バスで帰るか迷ったんですが、結局りんかい線で帰りました。大崎どまりに乗ったので、乗り換え的には変わらなかったので、やっぱり夏の夕暮れの東京湾でも満喫しながら帰るべきだったかも........

 それにしても、お台場はまだマンション建つんですね。テニスの森の向こう側あたりでしょうか。これ以上海辺に高層ビルという屏風が建つと、その奥のヒートアイランドがますますひどくなって天変地異多発頻度も上がると思うんですけどねえ........









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
iPadねえ.....出版社もそろそろ度胸決めるべきじゃない?
 さて、アップルから発表された、新製品「iPad」。 ...続きを見る
とはずがたりblog
2010/01/30 00:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お台場でイベント巡り とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる