とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS まったく油断も隙もないというか、「食の安全」というのはお題目にすぎないのか.....

<<   作成日時 : 2007/06/25 01:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2



 え〜、ここ数日のお騒がせといえば、北海道のかの食肉加工業者。
 まぁ加ト吉もなにやってんだろう状態ではありますが......。

 しかし、ラーメンの丼とか土鍋とかが中国製だと鉛が溶け出してきて、中国からのピーマンだと残留農薬が既定値以上で、となるとなんとか国内品を使おうかと財布のやりくりもしたくなりますが、それで肉を偽装されては、目も当てられません(ノ∀`)アチャー 。
 おかげさまで、最近の我が家のジョークは「しょうがないから、庭に鶏でも飼う?」だったりします(-_-;)。

 いや、別に牛肉信奉主義でも何でもないので、合挽きコロッケだろうがポテト100%コロッケだろうがブラジル産鷄肉だろうが構わないんですが、嘘はいけません、嘘は。
 この調子だと、一事が万事な氷山の一角、プリオン汚染された肉だって(以下略)と疑心暗鬼になりそうです。
 ミートホープ社だけじゃなく、どこの食品メーカーもお客からの信頼信義信用より金勘定なのかもしれませんけどねえ。

 しかし、豚肉を牛の血(マテ)で染めて(ヲイ)しかも内臓もミンチにして......ってどこのモツ屋ですか。こうなるとそのうち豚の塊を買ってきて自分でミンチにしないと危ないかもしれませんな。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
終わりの無い忙しさのピークが続いてまして、全然コメントできませんでした。
(コメントしたいネタはいろいろあったんですが)
で、ミート社ですがブリーチの入った床掃除用に溜めていた雨水で臭みのある肉を洗浄してたとか、時の通り水で水増しして原料より製品の方が重たいとか、味がおかしいと返品され全量回収し出た数百万の損害金を保険金として保険会社からもらっていたとか。
特に地元北海道新聞には連日ほーなるほどと呆れを超えた内容の記事で呆れきっています。
おまけに社長は小売店や消費者が悪いんだなどと言う始末。
前々から内部告発は行政にいってたらしいけど、全く動かなかった行政もどういうことなんでしょうね?

日本の文化は古来から性善説が前提でした、法律もそうです。
西洋の文化は古来から性悪説であると聞きました。
文化も政治も経済も法律も教育も、これからの日本は性善説を捨てないといけない時期なのかもしれないと思う今日この頃です。
キタトマ
2007/06/29 23:44
誤字がありました
誤 時の通り
  ↓
正 字の通り
キタトマ
2007/06/29 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
まったく油断も隙もないというか、「食の安全」というのはお題目にすぎないのか..... とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる