とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS オーブンのかわりにホットプレートでケーキを焼いてみる

<<   作成日時 : 2007/05/21 15:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

炊飯器でお菓子を作るのはむずかしい.......」について

 前段で「フライパンで」とコメント書いてみましたが、考えてみたら火は扱う間はそばにいなくちゃならんし、火加減は難しい。卓上型電気オーブンがあればいいが持ってない人もいるわけです。
 で、考えてみたのがホットプレートをオーブンにするということ。これの利点は、オーブントースターのように上下から焼くわけじゃないので上火で焦げる事がないこと。温度調節が楽な事。そして焼いてる間はちょっと席を外しておいても裸火のように火事になる心配が無い事....あんまり放置するのは無論危ない事には変わりはありません。

 で、ためしにパウンドケーキのタネでカップケーキを焼いてみました。これはオーブンで焼くのとなんらレシピの変更はありません。あえて言うなら、σ(^^;のレシピなのでバターが少なめです。で、膨らむように念のためふくらし粉をいれてあります。


画像

 出来上がりを食べてみたところ、そう悪い出来ではありませんでした。
 粉を入れる前のバターと卵と砂糖の混合体をいつもよりしつこくハンドミキサーで泡立てたのがふくらし粉と相まってけっこう膨れています。
 ホットプレートは事前にきっちり温度上げておいてさらに焼くべき温度を維持して30分。これはホットプレートにもよります。今回は小さいホットプレートで焼いてみたので時間が短かったと思われます。第一、タネを入れたのがカップケーキの型ですからね。火の通りは早い筈です。
 やや乾燥気味ですが、これは途中で蓋をあけて様子を見たときにけっこう蒸気が出たので、そこで乾燥したと思われます。オーブンは一般的に天火にたいして壁になってるところにドアがついてますからドアをあけてもそうそう蒸気は逃げないでしょうがホットプレートは「蓋」ですからねえ。
 ガラス蓋式のホットプレートだと中がのぞけますから、ベショッとさせたくないならたまに蓋をずらして蒸気をちょっと逃がす事は可能だと思います。ガスオーブンだと排熱が完全ですからね。そこら辺はガスオーブンの強みですね。

  オーブンないけどホットプレートがある、という場合はこういうやりかたがあるという実験でした(笑)。ちなみに買う時は、大きさはお好みでしょうが深さがあるほうが型が入って便利ですね。型から膨れる分も計算しなくちゃなりませんが。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今度はホットプレートでスコーンを焼いてみました。
「オーブンのかわりにホットプレートでケーキを焼いてみる」について ...続きを見る
とはずがたりblog
2007/05/22 22:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーブンのかわりにホットプレートでケーキを焼いてみる とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる