とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「カラスはなぜ東京が好きなのか」

<<   作成日時 : 2007/04/19 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 数年前、うちの近所にカラスが巣を作ってずいぶんと怖い目にあいました。
 そしてまたぼちぼちカラスの繁殖の季節が来るなあ............と言うことで、図書館から借りてきました。

 舞台は、犬公方こと徳川六代将軍・綱吉の側用人だった柳沢吉保の屋敷跡の六義園です。本格武家屋敷の日本庭園ですから、うっそうとした森とかあって、カラスのけっこうな「ねぐら」兼繁殖地になってます。まぁそこだけが繁殖地じゃないのがカラスのカラスたる所以なんですが......

 この本じたいは「なぜ好きなのか」の解答は出ていません。著者が日本野鳥の会のメンバーなのでカラスの駆逐方法が書いてある訳でもありません。ただ、生態観察の話が書いてあるので、そこから対策と予防方法を読み取るだけです。それにしても、江戸時代からカラスが多かったのか、と感心し、終戦直後の食糧難の時代にはさしものカラスも東京から逃げ出してたのかとうなってしまいました。

 ちなみに去年の猛暑のさなか、飛べるようになった子ガラスを連れた夫婦が我が家のお向かいの屋根の上で野ネズミだかドブネズミだかを捕獲して食べさせていたのは..........いろんな意味でショックでした........(苦笑)。

カラスはなぜ東京が好きなのか

カラスはなぜ東京が好きなのか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カラスは百害あって一利なしですね、いまのところ。
北海道でも私の知る二十数年前からみると随分カラスだらけになってきました。
やっぱり生ゴミなどカラスの餌となるものが多くなってきたのと、天敵である鷲、鷹、鳶などの猛禽類が減少してきている事が原因っぽいですね、こちらでは。
最近はハウスの中のトマトなど野菜までつついてしまう被害もよく聞きます。
いいのか悪いのか、農家では農薬の殺虫剤をたっぷりと振りかけた残飯や好物のトマトでやっつけているようです。(成功率はかなり高い)
原野の一軒家だから出来るわけですけど。
うちでも今年も少なからずともカラスとの格闘は待っています...
まるふうさんもお困りのようですね、なんとかならんもんですかねぇ
キタトマ
2007/04/27 22:00
うはあ、北海道でもカラス増えてるんですか。
うちの界隈もぼちぼち繁殖期に突入したらしく、近所の地主さん家の保護樹林指定されてる巨木にもカラスの巣が3つほどかかってました。そのうちの1つには確実に雌が鎮座してました(笑)。生態を理解するにはあの本はいい参考書でしたね。
 それにしてもビニールハウスに侵入って、屋根とか破ってるんですよね.....(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
まさかハウス組み立て時に鳥除けの網をかぶせてからビニール掛けするわけにもいかないでしょうし、大変ですよねえ。
農薬散布の毒餌だと、カラス以外のそれこそ鳶とかが引っかからなけりゃいいんでしょうけども。
 数を増やさない駆除はほどほどに雛が孵った頃に使用中の巣をたたき落とすのが良いようです。ただ親がこっちの顔を覚えちゃうのでなわばりに入ると威嚇されるんですと。カラスは駆除許可を貰わないとうっかり駆除も出来ないって言うのは面倒ですよねえ。避妊薬でものませたら少しは違うんでしょうか(笑)。
まるふう@管理人
2007/04/29 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
「カラスはなぜ東京が好きなのか」 とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる