とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS SF回顧録?

<<   作成日時 : 2006/07/01 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

え〜、黄桃さんとこで呼ばれたので(笑)。
     
     ついでに、ワールドコンへのリンクをバナーで貼ったりとか(笑)。
     
    画像

  • 初SFはいつ?何でしたか?

     つらつら考えたんですが、どうやら「世界の文学」児童用赤箱@小学館、のウェルズの「宇宙戦争」か、ラッセル作/矢野徹御大の訳の「見えない生物 バイトン」@講談社じゃないかと......(笑)
     どっちもホラーなエイリアン物というのが、ホラーもエイリアンも大嫌いな素地を作ったんだと信じますね(爆)。それなのになんでいまだに我が家の本棚に残ってるんでしょうか。ちなみに「バイトン」のほうはどこかの家からのお下がりです(笑)。
      ......まぁヨードというのがかなり「マジックポーション」だったのかしらと思わせますが>「バイトン」

  • ベスト・オブ・SF を5つあげるなら? (映画でもいいですよ)

     えーと、スターウォーズの一番最初に公開されたもの........エピソード4でしたっけ? それから道原かつみの「キャウ・キャット・キャン」かな。「ジョーカー」シリーズよりSFのカラーが強いし。ティプトリーの「接続された女」は一般的にはパンクSFの評価が高いですけど、寧ろコニー・ウィリスと「他者(社会?)から押し付けられる残酷さ」が似てるかも。
     あとはブラッドベリの「歌おう、感電するほどの喜びを」と、ル・グインの「風の十二方位」ですかねえ。「闇の左手」や「ロカノンの世界」のベースになったものばかり入ってますが、その分切れ味がいいです。

  • ベスト・オブ・SF作家 を3人選ぶなら?

     ティプトリー、星新一、手塚治虫かなあ。でも実は手塚治虫って意外と読んでません。「メトロポリス」読んでみたいんですけどね。

  • 今、おすすめのSFは?
     

     最近読んでない......。
     テクノっぽいのより、人間関係とか葛藤とかを書いてるほうが面白いんで.......。でもSFって道具立てが結構重要ですかね。宇宙船とか軍隊とか移民した惑星とか感応頭脳とか超能力とか。

     まぁ永野護の「ファイブスター物語」あたりはどうですかねえ。星団史だし。茅田砂胡は「スカーレット・ウィザード」の後は.......グダグダだからパスかな。

     手塚治虫の「アトム」の路線からいうと、鈴木ジュリエッタの「カラクリオデットは良さそうですが、どんなもんですかね。別の言い方をするなら「育成ゲーム」系ですけど。.......って、コミックスばっかりなんで他の物なにかあったかな。

    文字系だとこのあいだ読み終わった「キーリ」全9巻@電撃文庫あたりでも(笑)。電撃文庫というと昔は「ブギーポップ」のシリーズ読んでましたがだんだんあの人間関係の交差ぶりが頭の中でもつれるようになったので、持ってた分は数年前のバザーの古本市に出してしまいました(爆)。

  • バトンを転送する(笑)相手をどうぞ!

     いや......ブログやっててSFマニアっていうと........殆どいないから(爆)。

     ところで、今日から七月いっぱい、日経新聞の「私の履歴書」は小松左京巨匠ですよ〜( ̄ー ̄)ニヤリ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まるふうさん、ご回答ありがとうございます!
出だしは似てますね<初SF。
世界文学全集から入るのは多いかも。
おすすめにコミックスを出していただけて嬉しいわ(笑)
『カラクリオデット』はどんなもんかな?と思って書店で見たものです。
どこかで中身を読んでみよう。
ティプトリーて表紙が川原由美子でしょう。ミスマッチのようなマッチしてるような、あの表紙は海外でどう受け止められるのか知りたい気がします(笑)
黄桃@crann
2006/07/07 12:27
いやぁ、昨日ブックフェアで「時をかける少女」のアニメ映画のCM見たんですけどね、そういえばあんまりNHKの少年ドラマシリーズは見なかったなあとか思いました(笑)。TVよりも活字から入るのは「三つ子の魂」なのか、基本的に現在も変わりません(笑)。

 ティプトリーの川原由美子イラストは、まぁ「たったひとつの冴えたやりかた」のコーティーだし、合ってますよ〜(笑)。「星ぼしの荒野から」の表紙はたまいまきこさんです、σ(^^;の持ってる版は。
 いまだと「くーる」と評されるのかもしれませんよ>コミック絵師表紙。
まるふう@管理人
2006/07/07 13:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
SF回顧録? とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる