とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006年のキルトフェスティバル

<<   作成日時 : 2006/01/27 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

キルトフェスティバル」について

画像
 え〜、今年も行ってきました。後楽園ドームの東京国際キルトフェスティバル
 .......やっぱりチケットが高いのが難点ではありますが。

 で、今年はNHKの募集テーマは「ハワイアン」。目玉はハワイアン&タヒチアンキルトと英国のキルトとビーズ刺繍の田川啓二と日本刺繍の草乃しずか
 ←は、タヒチアンのようですが、たしか創作キルトだったかな。もう大量にありすぎてわけわかりません(爆)。



画像 これはハワイアン&タチヒアンのエリア。とはいってもこの2地域のキルト、見ててどう違うのか.....? あえて言えるのは、常夏の地域のキルトは「中綿が入らない薄いキルト(サマーキルト)である」ということだけです(をぃ)。



画像  画像

画像 ちなみに、この3つはトラディショナル部門の1、2、3位。なんていうか、やっぱりトラディショナルスタイルがいいなあとか思うわけです。前衛も見てて芸術的に悪くはないと思うんですが、見てて心が休まらない(苦笑)。前衛絵画見てて感じる疲労と同じものを感じます。まぁ感性の差ですな。
 そういうことからいうと、今月30日まで銀座三越でやってる「キルトで綴る銀座物語」のほうが見てていいなあと思う......具象絵画的キルトだっていうのもあるかもしれませんが。

 平日だというのに相変わらず芋洗いのように混んでるのであまり写真は撮ってないんですが、今年の特徴は韓国からの参加者が多いってことでしょうか。普通のキルトにしてもポシャギにしても、展示物もお店で出てるのも多い。チマチョゴリ着て作品や材料売ってるブースもいたし。韓国でも遅れてキルトブームでも起きてるんでしょうか。それとも事務局が韓国ブームに乗っかって参加の呼びかけでもしたんですかねえ。

 あと、最近和服復権がすごいじゃないですか。それもあって田川くんも毎年呼ばれては着物を使ったキルトとビーズ刺繍と洋装を展示してますが、ああいうの見てると日本の呉服織物業界は思い切って海外に素材とデザインを持って進出すべきじゃないでしょうか(しかしあの着物を使ったドレスのデータは、カメラ撮影禁止だし、どっかに出てませんかね)。
 西洋刺繍や西洋の織物技術もきれいですが、和装用の技術も遜色ないと思うんですよねえ。黒留めの着物をブラックフォーマルにしてどどーんと日本刺繍が豪華に全身に置いてある、なんてのはドレスアップして出かけるチャンスのある西洋ではものすごく需要があると思うんですが。あと、打ち掛けが丸ごとドレスになったりとかね。どうなんでしょう。

田川啓二の世界―オートクチュールビーズ刺繍






田川啓二の世界―オートクチュールビーズ刺繍

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ポジャギは数年前から人気ですよね。
講座もあるし、NHKの趣味講座にもなったし。
私は韓国の色の取り合わせは好きです。気分が明るくなりますね。
ロシアやモンゴル、北の国々と一緒で家の中を明るく華やかにするのと、赤系統は暖かいからでしょうねえ。唐辛子と一緒で(笑)
キルト作家さんて作ったものはどうなさるのでしょう?
18〜19世紀のベッド足元に置くブランケットボックス(ていうんでしたっけ?)みたいなのにしまっておくのでしょうか?
普通の和風のお布団だとあわないですよね…
黄桃
2006/02/04 18:54
黄桃さん、こんばんは〜(^.^)/
ポシャギって布地がすごく薄いじゃないですか。ああいうのみると「特権層の文化だったのかなあ」とか思うんですけどどうでしょう。いつからあるんでしょうね。
で、キルト作家さんの作品はどうやら「家の中にしまっておく」ようです。箪笥なのか押し入れなのかわからないですが。有名どころの作家さんだとゴルバチョフの訪日のお土産になったりするようです(むろん政府ご指名ですね)。
 あとは......もしかしてホテルとかの巨大ロビーに飾られたりするのかしらねえ。そういうのに良さそうな作品がいっぱいありましたよ。

そうそう本文に書くの忘れましたが、英国コレクションで「ユニフォームキルト」っていうのがありました。軍人の毛織制服の端切れで作るんですが、縫い手はケガや病気で傷痍病院に寝てるご当人たちなんですよ。......寝てる間の暇つぶし?(^^;
まるふう@管理人
2006/02/04 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006年のキルトフェスティバル とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる