とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS ルバーブ

<<   作成日時 : 2006/01/16 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像


土曜日の朝、都心のスーパーに買い物に行ったらオランダから輸入のルバーブが売られてました。いつもは一本300円なのが100円だとかで、外人の主婦が買い込んでました。
ちなみにチェリーレッドだかルビーレッドだか言う品種だそうです。
輸入より国産が良さそうだなあと調べたら、ルバーブそのものが暑さに弱く寒さに強いんだそうな。つまり最近の東京では栽培には向いてないようです。
蓼科植物なのでわりと強いんだと思うのですが、あちこちで栽培して普通に出回らないかなあ。
ルバーブジャムはあと1瓶残ってますが、けっこう美味しかったので材料のルバーブが安くなるとまた作れるので。

そういえば最近の自作ジャムは割と酸味のあるものを作ってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ルバーブの砂糖煮
 え〜、昼間に書いた「青トマトのチャツネ」は夕食中に煮詰めて完成しました。甘酸っぱいのがジャムの瓶にほとんど2本......。 ...続きを見る
とはずがたりblog
2006/10/10 23:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ルバーブうぅ〜ん興味ありますねぇ。
ネットで調べてしまいました。
タデ科の多年草なんですね、ダイオウの仲間ですか。
ダイオウは雑草としてイヤっていうほど畑に生えています。
寒さが好きっていうことは北海道には適した作物なのかもしれませんね。
自分で食べてみたいので今年の春に畑の片隅に植えてみたいななんて思ってしまいました。
あ、でも収穫できるのは2年後以降からなんですね...どうしよう。
キタトマ
2006/01/21 23:36
最近は西洋野菜がフランス料理とかイタリア料理の材料として日本国内で契約栽培されてるそうです。もっぱら長野方面らしいんですが>出荷元。

 もしかしたら畑の大黄を一度砂糖で煮詰めて.......は危ないのかな(^^;)。
 去年の夏に諏訪のおぎのやのドライブインとか、蓼科の農家の直販所で売ってましたがちょっと種類が違ってたようです。........もうちょっと色が蕗に近かったですかねえ。
まるふう@管理人
2006/01/22 00:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルバーブ とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる