とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマスの七面鳥

<<   作成日時 : 2006/01/14 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 時期外れなネタですが、なにせクリスマス過ぎてから聞いた話なので、ご勘弁を。

 実は外人仕様スーパーに行くとクリスマスに限らず七面鳥が売ってるんですが、それが特大だと20キロあったりするわけで。むろん、丸焼き用の生肉です。
 そういうのは専用のアルミの四角いバットが脇で売られてたりしてますが、いったいどういう風にオーブンに入れたり料理するんだろうと常々疑問に思ってました。で、アメリカ在住日本人から聞いた話です。 そこは老夫婦(話してくれたくれた奥さんとご主人)、独立して家庭持ちの息子が2名、孫が4,5人、そして息子のお嫁さんたちという親類構成。

 七面鳥は20ポンド、というから9キロくらいなんですが、それを華氏350度で5時間焼くそうです。
C=5(F−32)/9の方程式だと摂氏176だから、まぁ180℃くらい? さすがに昼間は付き合ってられないので寝るときに仕掛けるんだそうです。

 まず表面にたっぷりの塩コショウ。 
 おなかの中に人参や詰め物を入れます。丸焼きですから肛門ありますね。 内蔵は取り除いてありますから、そこは単なる「穴」です。そのまま焼くと肉汁がそこから流れ出て肉がぱさぱさになります。それを防止するために肛門を縛って中に突っ込むんだそうです(どうやるんだろう?)
 寝るときに350度に設定。ここでやるのがオーブンに入れた七面鳥が温まったら一度取り出して、かな? それでバターを表面に丁寧に塗るんだそうです。それで色つや良く焼けるとか。
 翌朝5時に起きて煮汁をかけたりします。

 でき上がったらこの9キロの七面鳥はどうなるかというと、例年、次男宅に持っていくんだそうです。どこの家庭もそうかどうか知りませんが、とにかく3軒の家を昼過ぎから順番にめぐって2〜3時間のパーティーをするんだそうです。午後から集まって、まずプレゼントの交換。それから長男宅で近所の子供たちも呼んでケーキを食べたりゲームをしたりプレゼントをあげたりのお祭り騒ぎ。そして次男宅でディナーなので、そこに七面鳥が出かけていく、と。
 ケーキも持ちよりで大量にあるので残りはお祖母ちゃんの家の冷凍庫で保存してみんなのおやつになるんだそうです。
 
 9キロの七面鳥は、わりとアメリカでは小振りなんだけれど、とにかくオーブンがそれ以上のは入らないそうです。.......やはりおそるべし。アメリカ。
 ほんとはDEXのサイトで七面鳥の丸焼きの画像を探したんですが、いかんせん高いので仕入れるのはあきらめました(苦笑)。探して見てみてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリスマスの七面鳥 とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる