とはずがたりblog

アクセスカウンタ

zoom RSS タウシュベツ

<<   作成日時 : 2005/02/03 11:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


 北海道の上士幌.......というとピンと来る人は少ないかも知れませんが、帯広から十勝平野を抜けて大雪山まで行く途中に、糠平湖という大きな人工ダム湖があります。

 ここに大正期に十勝の農産物輸送と北海道開拓のために計画され、ダム建設とともに廃線になった鉄道線があったのですが、ここのコンクリート製のアーチ型鉄道橋がたくさん残されていて、その造形美は写真で見ると実にすばらしいものです。

タウシュベツ―大雪山の麓に眠る幻のコンクリートアーチ橋  たまたま、数年前に北海道旅行にいくのに「るるぶ」を買ってめくっていたらその写真が載っていたのが、タウシュベツを知るきっかけだったわけですが、いまだと保存会がNPOを作って活動してるそうです。遠足とかもあるようなので、そういうイベントに参加してみるのもいいかもしれません。

 アーチ橋を見るには、湖と音更川から水の引く晩秋から6月ごろまでがいい季節だそうで、本当は冬がきれいだろうなあとは思うんですが、なにぶん雪の山道なんて運転できないんですよね.....ということで、自力で行くのは当分お預けのようです。
タウシュベツ―大雪山の麓に眠る幻のコンクリートアーチ橋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福岡県志免町の立て坑やぐら
 数年前に福岡に仕事で行った事がある。  泊まったのはホークスタウンで、仕事の合間に散歩に行って、百道(ももち)の住宅街が前衛デザインで面白かったのを覚えている。  帰りには福岡空港から飛んだんだけど、たまたまタクシーに乗って空港行ったら時間が余ったわけ。 そのとき「珍しいものみせてやろうか」って運転手さんに志免に連れてってもらった。 ...続きを見る
とはずがたりblog
2005/08/27 00:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タウシュベツ とはずがたりblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる